トップ

求人広告は明確に記述

求人広告の仕事内容

印象的な文面

求人広告でムダを省くコツ

求人広告を出すと、仕事内容を理解せずに応募してくる人がたまにいます。全くの勘違いならどうしようもないですが、こういう内容だと思ってたというケースなら少しは防げます。仮に、ラーメン店の募集だとして、ホールの仕事を募集したとします。ホールといえば、一般的には接客をイメージしますが、店によっては簡単な調理補助をしたり皿洗いをしたりもします。しかし、求人広告にはホールスタッフ募集としか書いてなければ、その仕事内容は応募者が想像するしかないのです。そして実際に応募して面接時に仕事内容を説明すると、想像と違ってお断りされたりします。想像で実際の内容との相違がないように、募集主側も仕事内容を文章で明確にしておくことが大切です。

採用の断りのための文章について

求人の応募をおこない、最終的に採用して頂いたにもかかわらず、諸般の事情によってお断りを入れる場合があります。募集側として、採用のために貴重な時間を割いて頂いたこと、採用という判断結果を承ったことについて、お詫びとともに感謝の気持ちを伝えます。求人側に対しては、文章を持って提出することが大切になります。社会人として常識を踏まえた文書形式に則って、失礼のない言葉遣いに徹します。出来ることなら、作成した書面を、直接持参することが望ましくもあります。突然の訪問という形ではなく、事前のアポイントが必要になります。

↑PAGE TOP